私のピアノ

譜読み

今、譜読みをしている曲です。

Dsc_0281r

ドビュッシー初挑戦ということで、

Dsc_0279r

「亜麻色の髪の乙女」の譜読みをしています。ところが、どうにも気が進まず、なかなか捗りません。昨年末から始めて、やっと右手が終わって左手を始めたというくらいの遅さです。フラットが多いのはそれほど苦ではないのですが…。このまま進めて弾けるようになるのかあまり自信はありませんが、もう少し取り組んでみようと思います。

| | コメント (0)

連弾

発表会は終わりましたが、12月にまた素敵な場所でピアノを弾くことになりました!

今度は連弾です。早速楽譜を調達してきました。

 

Wedding_2

タイトルの通り、ラブい曲ばかりの曲集です。
そのなかでも、とってもな曲にしました!

今回はスーパーピアノ弾きさんと組ませて頂くことになりました。準備期間があと1ヶ月ほどしかありませんが、しっかり準備します!

そして当日は楽しく弾けたらいいなと思います

| | コメント (0)

発表会①

発表会終わりました。

今回も激しい緊張のなか、いろいろミスをやらかしてしまいました。

先生は、前半緊張してたけど後半は立ち直ったね。と言ってくれましたが、もっとしっかり弾きたかったというのが正直な感想です。

前日のサークル練習会で貴重な時間をいただき、何度も本番練習させてもらったのに、ちゃんと結果が残せなくて残念です。

まだ怖くて録音を聴いていませんが、聴いたらこんなもんかなと思えるかも…。録音を聴いてみて、できればまた記事にしたいと思います。

| | コメント (2)

発表会の選曲

秋の発表会に向けて、そろそろ曲を決める時期になりました。

過去を振り返ってみると、

2005年 ユーモレスク(アレンジ版)

2006年 荒野のバラ ランゲ

2007年 乙女の祈り バダジェフスカ

2008年 ワルツ12番 ショパン

2009年 雨だれ ショパン

2010年 ノクターン9番 ショパン

2011年 ヴェネツィアの舟歌 メンデルスゾーン

とやはりショパンが多いです。

今年もショパンからとも思いましたが、今年はディズニーもいいかなと思い始め、とりあえず「ホール・ニュー・ワールド」にしようということになりました。倉本裕基さんの素敵な編曲版です。レッスンでは連弾を除いてほとんどクラシック曲しか弾いたことがないので若干不安ですが、まだ先は長いし、じっくり取り組もうと思います。

子供達は夏に発表会があります。

娘はドビュッシーのアラベスク1番、息子は貴婦人の乗馬になりました。どちらも好きな曲なので楽しみです。

| | コメント (0)

ブルグミュラー修了

先日のレッスンで「つばめ」が○となり、ついにブルグミュラー25の練習曲修了となりました。「素直な心」のレッスンのスタートはピアノを始めて半年後くらいの2006年2月。途中3年くらいのブランクをはさみ、6年かけて25曲全て○もらうことができました。

25曲のなかで、印象に残っている曲を挙げてみると・・・

「1.素直な心」

ご存知1曲目。ピアノを始めてまず取り組んだ大人の初心者向け教材が終わり、先生から『次はブルグミュラーにしましょう』と言われて嬉しかったことを思い出しました。タイトル通りの曲調で弾きやすかったと思います。

「2.アラベスク」

シンプルだけど難しかった。左手がもつれてしまって、きっちりきっぱり弾けず、○もらうのに一番時間がかかりました。

「10.やさしい花」

これまたタイトル通りのやさしい雰囲気漂う曲でお気に入りでした。

「13.なぐさめ」、「20.タランテラ」

リストやショパンの同名曲は弾けなくても、これなら手が出せます。タイトルだけですが、何かちょっと中上級レベルになった気分で練習しました。

「14.スティリアの女」

装飾音符がおしゃれな、華やかな舞曲だと思いました。

「25.貴婦人の乗馬」

練習曲の最後を飾るにふさわしい、名曲だと思います。


ここに挙げた7曲以外でもいい曲はたくさんあり、ちょっとした場での演奏にも使える曲が多いと思います。たまには楽譜を引っ張り出してきて、弾いてみようかな。

| | コメント (0)

ブルグミュラー

昨年秋の発表会後のレッスンは、ブルグミュラー25の練習曲のコンプリートを目指して、残り3曲に取り組んでいます。

まずは「再会」と「貴婦人の乗馬」から始めました。再会の方はスタッカートの連続で弾きにくかったです。曲としても入れ込むほどではなかったので、あまり仕上がらず、そこそこのところで○をもらってしまいました。このまま練習を続けていても上達しそうになかったので正直ほっとしました。

「貴婦人の乗馬」はいつか弾いてみたかった曲なので練習にも力が入りました。終盤のスケールのところはグダグダですが、それなりの仕上がりになってこちらも○をもらえました。さらに練習してスケール部分もスムーズに弾いて、曲名のイメージが出せるような演奏をしたいです。

そして最後の1曲は「つばめ」になりました。この曲はご存じのとおり左手が右手が飛び越えて交差する、テクニックを要する曲です。こちらも「つばめ」の軽快感がだせず、現在苦戦中です。早くカッコよく弾けるようになって、修了したいものです。

| | コメント (0)

Perfumeメドレー

発表会で弾いた親子連弾によるPerfumeメドレーです!

Perfumeメドレー 前半(ポリリズム~チョコレイト・ディスコ)

「PerfumeMedley1.mp3」をダウンロード

後半(ねぇ)

「PerfumeMedley2.mp3」をダウンロード

|

練習会

先日はピアノサークルの練習会に参加してきました。
弾ける曲は発表会で弾いたヴェネツィアの舟歌(Op.30-6)だけの状態ですが、包容力?のあるサークルなので、そこに甘えて参加しちゃいました。

参加者はkumoriさん、EKKOさん、ruvhanaさん、高菜さん、dyneさんと私の6名。aliceさんは体調不良で欠席、残念でした。

練習会では、皆さんショパンやシューマン、モーツァルト、バッハ等々、多くの曲を安定して弾かれていて、聴いてて楽しかったです。初見連弾も盛り上がりましたね。自分は1曲だけでしたが、練習会に出るからにはせめてもう1曲練習しておけば良かったと後悔。練習会に出るたびに、レパートリーを作ろうと思うのですが・・・。なかなか難しいです。

2時間の練習会の後は喫茶店へ。おいしいケーキとコーヒーを頂きました。このお店に前回来たのは、まだサークルができて間もない時期だったかな。その頃はまだ緊張しつつ会話していた記憶があります。

そして、満を持して?居酒屋さんへGO。残念ながらとらいあんぐるさんの飛び入りはなりませんでしたが、こちらも楽しい時間をすごせました。結構いい感じで飲んでいましたが、帰宅時間を考慮し、お先に失礼させて頂きました。

ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (10)

発表会の演奏

発表会の演奏はいつも録画&録音しています。そしていつもは即封印してしまい、ほとんど見ない聴かない言わない?でいます。

ただ、今回はそれなりに弾けた(当社比)ので、思い切って聴いてみました。曲中流れ続ける左手がたどたどしく、歌うはずの右手がミス多しではありましたが、本番のプレッシャーのなか、震える指を何とかコントロールして弾いたことを考えると自分的には良かったと思います。

なので早速アップしようと思ったのですが、ココログの仕様で1MB越えはアップできないのです。いくら圧縮しても構わないような演奏ですが、手持ちのソフトで最大の圧縮を掛けてもぎりぎり1MBを切ることはできませんでした。なので曲を2分割して、ようやくアップできました。そこまで頑張ってアップする内容では全くないのですが・・・。

ヴェネツィアの舟歌(Op.30-6)(前半)

「KA-TSU1.mp3」をダウンロード

後半

「KA-TSU2.mp3」をダウンロード

今回の演奏で一番焦ったのは、実は最後の最後でした。苦手なトリルが終わり、ほっとしながら右手の最後、ドーラファーを弾いて後は左手のみの時です。ド→ファラドと音を覚えていたつもりが、その前の小節のド→ファラ→ドを弾いてそのまま指をセットしておくとそのまま弾けると、動きだけで覚えてしまっていました。難所を終え、ほっと気を抜いてしまったのか、つい左手を鍵盤から外してしまったのです。シマッタと思ったけど後の祭り。楽譜は置いて弾いていましたが、あくまでおまじないとして置いているだけで速読することもできず、一か八かで弾いてしまいました。なので、決め所のエンディングが今一つ締まらないものになってしまいました。ここがとにかく残念なところです。

Op306ending

| | コメント (0)

Perfumeメドレー

前回の記事にある、親子連弾で弾くPerfumeメドレーの楽譜はこれです。

Jpop_2 

amazonの説明では、「J-POPを華やかな連弾で♪人気あるJ-POP曲からセレクトした、中上級者向の連弾ピアノ曲集。西野カナやいきものがかり、AKB48を中心に、ロングヒットソングを連弾でお届け。」となっています。

実はこの連弾用の楽譜を、娘がプリモ、息子と私がセコンドで弾こうと考えています。この楽譜は華やかなアレンジになっている分、息子や私には難しくて弾けそうもありません。ただ、2人で片手ずつ弾けば何とかなりそうとの判断です。ちょっと後ろめたい気はしますが、3人で弾くと合わせるが大変になる気もしますので、まあ許されるかな?

この楽譜を見つける前は、無謀にも自分で6手連弾アレンジを作ろうと考えていました。

手書きで作るのは大変そうなので、まずは楽譜作成ソフトを調達しました。ネットで検索した結果、選んだのは「finale NotePad」というソフトです。入門版ということで1,050円と価格が安く、その気になれば上位版へのアップグレードも可能ということで選びました。

次は曲選びです。最初からPerfumeのメドレーにしようと考えていました。多くの曲から選んだのは、2010年にリリースされた「不自然なガール」「VOICE」「ねぇ」の3曲です。それぞれソロの楽譜を「ぷりんと楽譜」でダウンロード調達し、準備は整いました。

まずはソロ楽譜を適当に3人に割り振りつつ楽譜作成ソフトに入力します。入力はマウスで音符の種類を選んで音を合わせて五線譜にドロップするだけ。操作はすぐ慣れました。入力したデータは再生してチェックすることができます。入力はかなり面倒くさかったけど、すぐ音になるのは案外楽しく、とある日曜日をほぼ使ってある程度の入力が終わりました(暇人ですね)。

早速娘とピアノでトライアルをしてみると・・・、連弾としては全く冴えない感じです。多少音を追加したつもりでしたが、所詮ソロの楽譜を割り振っただけなので、連弾のくせに音がすかすかなのです。という訳で、あっさりボツ。日曜日まるまるを費やした入力作業は、水の泡となってしまいました。素人がちゃんとしたアレンジなんてできる訳ないのに、全くもって無謀なチャレンジでした。

一方、買った連弾の楽譜は、連弾らしく華やかで、弾いていてとても楽しいです。無駄な回り道をしてしまいましたが、いい楽譜が見つかって本当に良かったです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧