きっかけ

ピアノを始めたきっかけ(その3)

それからは真剣に練習に取り組むようになりました。ですが、憧れの曲と弾ける曲とのギャップは簡単に埋めらるわけがありません。かなり悩みましたが、今では憧れの曲が弾ける日が来ることを夢見つつ、星の数ほどあるピアノ曲から、頑張れば手が届きそうな曲を選んで練習しています。

娘のほうは、小学校に入学し、本格的に音楽を学ぶ専門コースに進級しました。ピアノの個人レッスンに加えて、アンサンブルや和音や作曲などを学ぶグループレッスンがあります。グループの6人は仲間でもありライバルでもあるので、大人からみると複雑な関係ですが、子どもたちは仲良くやっています(本心はわかりませんが・・・)。

グループ全体がピアノに熱心で、娘も(いやいやながら)頑張っているので、私は密かにグランドピアノ購入を考え始めました。もちろん自分もグランドピアノで練習できたら最高です。それとなくカミさんに打診したら「置くところがない、音楽一家でもないのにそんな高級なものいらない」と取り合ってもらえません。諦めきれず、ピアノの大きさをかたどったシートをもらって子ども部屋に置いてみると、机を動かせば何とかC3が置けるではありませんか。置けるとわかれば購入決定です。カミさんに「グランドピアノ買ってきます!」と言い残してレッスンに通う楽器店に行き、C3LAの契約をしてしまいました。リビングに置いてあるアップライトピアノは夜練用に残しました。

この時、当時幼稚園年中の息子も個人レッスンを始めることになりました。これで3人のピアノレッスンが始まったのです。

子ども部屋に置いたグランドピアノです。

Photo1 Photo2

| | コメント (10)

ピアノを始めたきっかけ(その2)

娘が従姉の影響でピアノを習いたいと言い出したので、ヤマハ音楽教室「幼児科」に入会しました。幼児科はエレクトーンを使ったグループレッスンです。家での練習は古いキーボードを使っていました。

1年くらいたったころ、先生から「これからも続けるならピアノの購入を検討して下さい」と言われました。娘に聞くと続けたいとのことで、ついにピアノを買うことになりました。

その時、せっかくピアノを買うのだから私も弾こうかな、娘専用じゃもったいないな、始めるからにはレッスンを受けようと考えたのです。深い思いがあった訳ではありません。突然私がピアノのレッスンを受けると言い出したのでカミさんが驚いていました。

私が夜練するため、サイレント機能付きのアップライトピアノを購入し、同時に私のレッスンもスタートしました。4年前の春のことです。ヘ音記号も読めない状態からのスタートでしたが、大人の初心者用の教本を使ったレッスンが始まりました。

レッスンを初めて2~3か月後、大学時代の友人がピアノを弾きに来てくれました。エリーゼのために、乙女の祈り、トルコ行進曲、悲愴第2楽章などなど、クラシックの名曲をたくさん弾いてくれました。その時の私の受けた衝撃はそれは大きいものでした。クラシックの名曲って素晴らしいと、とても感動しました。そして、私もクラシックの名曲を弾けるようになりたいと強く思ったのです。(続く)

| | コメント (0)

ピアノを始めたきっかけ(その1)

私がピアノを始めたきっかけについて書きたいと思います。

私は大人になってピアノを習い始めました。子どもの時に習っていれば・・・と思うことが多いです。

子供時代を振り返ると、過去2回程習うチャンスがありました。 1つめは小学校高学年の時の合唱コンクールです。「気球に乗ってどこまでも」を歌ったのですが、その曲の伴奏が大好きでした。伴奏の男の子に少し教えてもらって遊び弾きをしたりしました。とても楽しかったことを覚えています。

2つめは中学の時にキーボードを買ってもらった時です。当時YMOが流行っていて「ライディーン」や「東風」を右手で弾いたりしました。また、指1本でコード演奏できる機能があり、松田聖子の「風立ちぬ」の弾き歌いをしたりしました。でもやはり両手演奏は難しく、だんだん弾かなくなってしまいました。

あの時もう一歩踏み出していれば良かったのですが、習うなんてことは全く考えませんでした。その後は全くピアノとの接点はありませんでした。

状況が変わったのは5年前です。娘がヤマハ音楽教室に通い始めました。(続く)

| | コメント (2)