« 発表会 | トップページ | 河村尚子 ピアノ・リサイタル »

発表会後

発表会が終わり、もう3週間が過ぎました。発表会直後の、「もっとしっかり練習していい演奏ができるようになりたい」という熱い思いも、日常のなかですっかり忘れ去り、いつものまったり練習モードに戻ってしまいました。

そんななかで、レッスンでは発表会で弾いたノクターン9番ロ長調はひとまず終了とし、新曲に取り組むことになりました。そして選んだ曲はヘンデル作曲  クラヴサン組曲第2集(HWV 434)から、メヌエット ト短調です。この曲は、ゴールデンウィークに開催されたラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでアンヌ・ケフェレックがアンコールでしっとりと演奏して気に入った曲です。この時はケンプにより編曲されたものでしたが、私はシンプルな原曲にしました(というか、編曲版は弾けそうにない)。

楽譜は、初めて春秋社のものを買いました。

Handel

この楽譜のなかでメヌエットは1ページだけです。まあいつものことですが、ちょっともったいない気もします。ページをめくってみると、調子の良い鍛冶屋(HWV430)を発見しました。ただこれは私には無理なので娘に挑戦してもらおうかな。プレ・インベンションにも収録されているサラバンドHWV437)も発見しましたが、これはプレ・インベンションを持っているのでもとを取るということにはなりませんね。ヘンデルの曲はあまり馴染みがないですが、せっかく関わったこともあるので、もう1曲くらい挑戦できる曲を見つけよう!

|

« 発表会 | トップページ | 河村尚子 ピアノ・リサイタル »

私のピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発表会 | トップページ | 河村尚子 ピアノ・リサイタル »